0歳児の睡眠リズムを整える!経験談と【0ヵ月、1ヵ月、2ヵ月】にやったこと

クク

出産おめでとうございます!

出産と同時に直面するのが、「赤ちゃん寝ない問題」ですよね。
私もいまは2歳になる息子がいますが、0歳期間は睡眠時間の確保に必死でした。

そんな私が取り組んで効果があったと感じたのが「睡眠リズムを整えること」です。
その結果、卒乳した生後10ヵ月頃からは寝つきも良く、21時から朝の7時までぐっすり眠ってくれます。

今回は、4回にわたって0歳児の睡眠リズムの整え方について紹介します。

この記事では0ヵ月、1ヵ月、2ヵ月頃に出来ることを、体験談を交えて紹介します!

0ヵ月、1ヵ月、2ヵ月はどんな時期?

新生児期~生後2か月頃は、まだまだ母乳やミルクをまとめて飲めないのですぐにお腹が空いてしまいます。
育児書にはこの時期からリズムをつけよう!と言っているものもありますが、経験から言うとこの時期はまだ焦らなくても大丈夫です。

クク

私は産後メンタルもあってリズムがうまくいかないのもストレスでしたが、今思えば全然気にしなくてOKです

いまはとことん赤ちゃんのペースに合わせましょう!

息子の0ヵ月、1ヵ月、2ヵ月頃の睡眠リズム

この時期の息子の生活リズムは以下の通りです。

この時期の生活リズム

まだまだ授乳回数も多ければ、まとまって睡眠がとれる状況ではありません。

この時期は私の場合は母乳の出方も悪かったので、1日10回以上の頻回授乳をしていました。赤ちゃんもすぐにお腹がすくのでリズムを整えるなんて状況ではありませんでした。

睡眠リズムを整えるために出来ること①朝は太陽の光をあびよう

冒頭でも紹介した通り、この時点では生活リズムを整えるのはほぼ不可能だと思います。しいてできることといえば、朝と夜の違いを赤ちゃんに教えてあげることです。

まず朝は、決まった時間に太陽を浴びるようにしましょう。

私の場合は朝7時にカーテンを開けるようにしました。

人間の身体は、太陽の光をあびることで体内時計をリセットするそうです。

睡眠リズムを整えるために出来ること②夜は決まった時間に暗い部屋へ

朝は決まった時間に太陽を浴びるのなら、夜も決まった時間に暗い寝室へ移動しましょう。

こちらも、赤ちゃんの中で「夜=暗い=寝る時間」というのがわかるようにするのが目的です。

私の持っていた育児書には「決まった時間に入浴し、そのまま暗い寝室へ行くという流れを作る」とされていましたが、私はおおざっぱなので21時に電気を消した寝室へ赤ちゃんを連れて行っただけです。それでも十分効果はあったように感じます。

まとめ

私は生活リズムを早く整えたいと考えていたので、出産後すぐにいろいろと試しました。
しかし、産後の身体はダメージが大きいし、授乳やオムツ替えが忙しくてうまくいかず、結局できたのは今回紹介した「朝は明るい場所へ、夜は暗い場所へ」という事のみでした。

当時はかなり焦ってしまいましたが、実際にこの時期は何もできなくても、今後取り返せるので気にしなくて大丈夫です!
むしろ、赤ちゃんが寝たタイミングで自分も休むなど、ママと赤ちゃんの体調を整えることを優先していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です