母乳外来で母乳量2mgの私が完母になった体験談【受診1回目】

母乳外来1日目

母乳が全然でなかった私は、実母の強引な勧誘(苦笑)により、母乳外来を受診することになりました。

産院では最高母乳量が2gで、もう母乳なんて嫌!ミルクで育てる!と考えていた私はすごく行きたくなかったのですが、母の機嫌を損ねると里帰りが気まずいという理由で母乳外来を受診することに。

母乳外来がどんなところなのか、施術の内容や母乳外来で得た豆知識を紹介します。

受診時の状況

1回目の受診はこのような状況でした。

  • 母乳は全くでない
  • 乳頭保護器がないと吸ってもらえない小さい乳首
  • 完ミ寄りの混合(母乳は乳首をくわえさせるだけ)

こんな奴が母乳外来を受診して「いやいや無理でしょ」なんて言われたらと思うと、親は諦めてくれるとは思うのですが、私としては複雑でした。

母乳外来でやったこと

母乳外来1日目では、以下のような施術を受けました。

初診・問診

まずはカルテを記入します。内容としては、母子手帳を見ながら出産時の状況や、赤ちゃんの身長体重などを記入しました。

施術室に呼ばれると、私の前の人がマッサージを受けていました。先生が押すたびに母乳がピュッピュッと出ていました。

クク

こんなに出る人でも母乳外来に通うの?

と、また不安になったことは言うまでもありません(笑)

問診が終わったら、先生の指示通り、赤ちゃんの服を脱がせて体重を測ります。

授乳指導

息子の体重を測ったら、普段通りに授乳をするように言われます。私は普段通り乳頭保護器を取り出すと、先生が少し難しい顔をしてこちらに来ます。

「こういうのは、早めに取らないとずっと使う事になるからねぇ…」

といって、おもむろに赤ちゃんの頭を持ち、私の乳首に押しつけます。すると、赤ちゃんが保護器なしで私の乳首を吸い始めるのです!今までなんて、保護器があっても吸ってくれなかったのに。この時の衝撃は今でも覚えています。それと同時に

クク

この先生なら、私のおっぱいも何とかしてくれるかも
と、思い始めるきっかけになりました。

ちなみに左右両方のおっぱいを同じ時間吸わせるので、反対側の乳首をくわえさせるタイミングがありました。先生に診てもらいながら何回か挑戦したら、私一人で赤ちゃんに乳首を吸わせることができました。これ以来保護器は使っていません。

マッサージ

左右のおっぱいの授乳が終わったら、再度赤ちゃんの体重を測ります。
何グラム吸ってくれていたかは記録が残っていないのですが、最高2gしか授乳できなかった私にとって新記録をたたき出した記憶はあります。

その後は仰向けに寝転んで、おっぱいマッサージを受けます。母乳マッサージは痛いと聞いていたのでそれも怖かったのですが、私の場合は母乳量が少なくてまったく張っていなかったので痛みはゼロ。気持ちいいぐらいでした。

先生のゴッドハンドで母乳を合計50ml程搾乳してくれました。何度も言いますが、それまで最高2gしか出なかったのに。先生を信じて通ってみたい!そう感じました。

母乳外来で得た豆知識

母乳外来ではマッサージの時に先生にお悩みを相談できるのも新米ママにはすごくうれしかったです。私が母乳外来で先生に教えてもらった母乳豆知識を紹介します。

頻回授乳とは?

母乳量を増やすためには頻回授乳が必要との事でした。具体的にどうすればいいのか聞いたら、答えは大変シンプルです。

暇さえあれば赤ちゃんに吸ってもらいなさい。少なくとも1日10回以上は必要、との事です。

クク

1日10回以上!?

しかもこの頃は1回につき左右それぞれ15分ずつだったので、1回30分かかっていました。

クク

……という事は、1日のうち300分(5時間)授乳しなければいけないの!?

頻回授乳の怖さを思い知りました。

ちなみに、長く吸ってもらうよりも回数が多い方が効果があるとの事です。
基本的には左15分→右15分でいいのですが、赤ちゃんがすぐにお腹が膨れてしまうのなら、左7分→右7分→左8分→右8分のように回数を増やすのも良いそうです。

母乳量が少ない時の授乳の仕方

母乳って、どのぐらい出ているかが目に見えないのでわかりづらいですよね。特に母乳量が少ないと言われている時は、お腹がすいたら可哀相だから、と普通にミルクを飲ませがちです。

実際に私も指導を受けて試した方法がこちら。

まずは母乳を一定時間吸わせる→その後、規定のミルクを飲ませる。
もしこれで、きちんと母乳が出ていれば、赤ちゃんはおなかいっぱいなのでミルクを残します

残すことが増えてきたら、ミルクを作る量を減らしたり、なくしたりするという流れで完ミから完母へ移行するようです。

まとめ

クク

母乳外来1回目のレポートでした。

初めての母乳外来は不安も大きかったですが、行ってみたら先生も気さくでとても楽しかったです。
保護器を一瞬で外してくれたのは、本当に衝撃でした。マッサージもいたくないし、育児の悩みも聞いてもらえるので、私は実際に行ってみて母乳外来をみんなにおすすめしたくなりました。

長くなりますが、このシリーズは全4回お送りします。よろしければ引き続きお付き合いくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です