母乳外来で母乳量2mgの私が完母になった体験談【受診3回目】

母乳外来3日目

母乳が全然でなかった私は、実母の強引な勧誘(苦笑)により、母乳外来を受診することになりました。今回は受診3回目のレポートをお送りします。かなり母乳量が増えてきた気がするけど、ミルクをなんとなくやめられない、そんなククはどうなるのか?

今回も豆知識もありますので、チェックしてくださいね。

受診時の状況

3回目受診の時はこのような状況でした。

  • ミルクは1日1回まで減少!
  • 1日10回以上の授乳
  • 授乳しすぎで乳首が痛い

乳首から少しですが出血があり、吸われると結構痛かったので、今回先生に相談することに。

母乳外来でやったこと

母乳外来3日目では、以下のような施術を受けました。

  • 問診
  • 授乳指導
  • マッサージ

内容は同じなので、詳しい説明は省略します!

母乳外来で得た豆知識

マッサージをしている時に、冒頭で紹介した乳首の痛みについて聞いてみました。

「そりゃそうよ。みんなそうなるのよ」

クク

ひー!手厳しい……
でも、対策方法もいろいろと教えてくれました。

乳首にオリーブオイル

よくピュアレーンという軟膏が良いと聞いていましたが、やはり赤ちゃんが口にする乳首に薬を塗るのにちょっと抵抗がありました。
先生も同様の考えだったそうで、乳首にオリーブオイルを塗る方法を教えて頂きました。

オリーブオイルは必ず上質なものを選ぶようにとの事。しつこいようですが、赤ちゃんの口に入るので、いいオリーブオイルをスーパーで購入して帰りました。

授乳後、おっぱいをしまう前にオリーブオイルを指でたっぷりと塗ります。次の授乳までには浸透するので、何とかこれで乗り切りました。

乳首に日光浴

私が一番驚きだったのが、乳首の日光浴でした。

私たちの顔や手足の皮膚は、日光に当たるので強くなっていて、簡単に傷ができないようになっていますよね。対して乳首は外に出さないのでなかなか皮膚が強くならないとの事。

できるだけ長時間乳首の日光浴をするようにとの事でしたが、私は1日1回5分程度、部屋の中の日が当たりやすい場所でコッソリとやっていました。

クク

先生はいらない洋服の乳首部分を切り抜く方法を教えてくれましたが、私は大きめな服を着て首元からポロリ方式でやりました(どうでもいい)

日光浴の効果があってか、これ以降乳首が切れたり白斑が出ることは一切ありませんでした。

まとめ

クク

母乳外来3回目のレポートでした。

今回は乳首にオリーブオイルやら、乳首に日光浴やら、衝撃的な豆知識が多かったですね(笑)

でも、できる範囲でまじめに取り組んだおかげか、乳首トラブルは起こりませんでした。もし、どうしてもお困りの方、騙されたと思って挑戦してみてください。

クク

日光浴に関しては、本当に人に見られないように気を付けてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です